床をリフォームして綺麗にしよう

>

畳のメリットとは何か

クッション性に優れている

フローリングの場合は、足音が下に響いてしまうデメリットがあります。
ですから生活音がうるさく感じるかもしれません。
畳はふかふかしているので、足音を吸収してくれます。
近所迷惑を避けたい場合は、畳にした方が良いかもしれませんね。
特にアパートやマンションで暮らしている人は、下の階の住民のことを考えないといけません。

簡単に足音が響くのでご近所トラブルが起こる原因になります。
トラブルが起こってからでは遅いので、起こる前に畳に換えて対策をしてください。
畳にすれば、子供が少し走り回っても下の階に足音が響くことはないので安心できます。
また一軒家で暮らしている時も、足音が気にあることはあるでしょう。
その際も畳に変えてください。

湿気が溜まりにくい

日本の夏はジメジメしていて、湿気が溜まりやすいと言われています。
畳は昔から日本で使われてきたので、夏の湿気を改善することができます。
湿気を吸収して放出してくれるので、湿気がいつまでも室内に残ることはありません。
床リフォームをする時に畳を選択すれば、快適な夏を送ることができるでしょう。
湿気が溜まるとカビが生える原因になるので、改善しなくてはいけません。
忙しいとお手入れも大変になるでしょうが、畳にしていればお手入れの負担が一気に減ります。

地域によって、夏の湿気が特にひどいなどの特徴があります。
床リフォームをする時は、自分が暮らしている地域のことを考えてください。
地域の特徴によって、畳が良いか判断できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る